1から始めるScratch(4)

自宅で始めるScratch(https://dk.cheerup.jp/scratch-1st-step/)で簡単に説明しましたが、さらに詳しいことを学んで頂きたいので、Scratchの連載を開始します。

前回は、動きブロックの説明を行いました。
今回は見た目ブロック(プログラム)を紹介しながら説明を行います。

見た目ブロック

test

こんにちは!と2秒言う、こんにちは!と言う、うーん…と2秒考える、うーん…と考える

test
test
test
test

このブロックはだいたい同じものとなり、吹き出しの形と吹き出しが消えるかどうかの違いです。

test

2秒言うの場合は、こんにちはの吹き出しが2秒たつと消えます。

コスチュームをコスチューム2、次のコスチュームにする

test
test

このブロックはだいたい同じものとなり、コスチュームが指定できるかどうかの違いです。

test

コスチュームの選択は、コスチュームタブで行います。

test

背景を背景1にする、次の背景にする

test
test

このブロックはだいたい同じものとなり、コスチュームが指定できるかどうかの違いです。

test

大きさを10ずつ変える、大きさを100%にする

test
test

このブロックはだいたい同じものとなり、スプライトの大きさを変更できます。

色の効果を25ずつ変える、色の効果を0にする、画像効果をなくす

test
test
test

このブロックはスプライトの色を変更したり、渦巻フィルタをかけたりできます。
変更した効果は、画像効果をなくす、ブロックで解除できます。

test

表示する、隠す

test
test

このボタンはスプライトを表示したり、隠したりできます

test

表示する、隠す

test
test

このボタンは、スプライトを前面、背面に移動させるボタンです。

test

コスチュームの番号、背景の番号、大きさ

test
test
test

このブロックにチェックを入れると、スプライトペインに現在の値が表示されます

test

まとめ

今回は、見た目ブロックをご紹介しました。
前回と同様に動画と一緒にご紹介したので、プログラムの動作がわかりやすいと思います。
見た目ブロックは歩くことをアニメーションで表現出来たり、色を変更したりできます。
ぜひ試してみてください。

次回は、「音ブロック」を取り上げる予定です。