1から始めるScratch(1)

自宅で始めるScratch(https://dk.cheerup.jp/scratch-1st-step/)で簡単に説明しましたが、今回からScratchの連載を開始します。

1から始めるということで、今回はScratchにどのような機能があるのかなども紹介しながら、まずは画面構成の説明を行います。

画面の説明

こちらの画面はエディター画面と呼ばれます。
この画面でプログラムを作成しますが、それぞれの場所に名前がありますので、こちらで説明します。

test

Scratchの基本的な使い方は、スクリプトエリアにブロックを置き、ブロックとブロックをつなげることによりプログラムを作成し、スプライト(ここでは猫の絵)を動作させることです。

ブロックパレット

ブロックの基本

Scratchのブロックパレットには、下記の様なブロックがあります。

  • 動き
  • 見た目
  • イベント
  • 制御
  • 調べる
  • 演算
  • 変数
  • その他

ブロックの詳細については、連載の中で紹介していきます。

タブ切り替え(スプライト編)

スプライトが選択されている状態で、コード、コスチューム、音タブが表示されます。

test

コスチューム タブ

test
このタブを選択することで、スプライトを編集することが可能です

test
色と目を変えてみました

音 タブ

test
鳴き声を変えることも出来ます

スプライトとステージ

右下のスプライトペインでスプライトとステージの切り替えが出来ます。

スプライトの選択

test

ステージの選択

test

ステージを選択すると、ブロックパレットの中の動きブロックが無くなります。
また、タブの表示も下記の様に変わります。

test

タブ切り替え(ステージ編)

背景 タブ

test

このタブを選択することで、ステージ背景を編集することが可能です

test

背景に円を入れてみました

音 タブ

test

スプライトの音タブと同じです。

まとめ

今回は画面の説明だけになりましたが、わかっていただけたでしょうか?
次回はブロックについての説明になります。